2018年冬ドラマ見てますか?我が家は出遅れてます。

2018年の冬ドラマ、録画はしてるもののまだ1作品も見ていません。
今録画してるのは「アンナチュラル」「トドメの接吻」「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」「FINAL CUT」の4本。
小学生と中学生の子どもがいますが、どちらの子のクラスでも月曜日は「トドメの接吻」の話題で持ち切りだそうです。
中学生ならまだしも、小学生が「トドメの接吻」なんて見るんだなぁと驚きました。
時間帯も日曜22:30からだし、毎回キスシーンが出てくるドラマなのになぁ。
「アンナチュラル」は昨年話題だった「逃げ恥」の脚本家の作品みたいですね。
第1話放送日の次の日にはYahooニュースで「面白い!」「展開が早くて見逃がせない」と絶賛されてました。
そろそろ録画を消化しないとあまり録画がたまりすぎるとますます見なくなるので、時間を作ってみようと思います。
とか言いつつ、今日はamazonプライムで「ドクターX」の第1期を見ちゃったんですよね。
あぁ、時間が山のように欲しいです。
1日24時間じゃ足りないよ。

東京という街で刺激を受けて帰ってくること

私は、ときどきライブやイベントなどで東京に遊びに行ったりすることがあります。
だいたい月に一度か二度ほどのペースですが、できれば毎週行っていたいというか、むしろ東京で仕事を探して住みたいくらいの勢いです。
しかし、いますぐにどうこうできるスキルやお金の余裕もないので、ときどき遊びに行くくらいで我慢しています。
でも、なんでそんなに東京が好きなのかというと、東京という街はいたるところに刺激があるからです。
それは非日常の遊びやエンターテインメントとしての刺激ではなく、街や街を行き交う人々が刺激なのです。
上手な着こなしできれいな洋服を着て歩いている人も多いし、百貨店や駅ビルのテナントは宝石箱のようなキラキラした商品を並べてあります。
私の地元の、半分崩れかけたような駅ビルのテナントや駅の風景とは、やはり違っているんですよね。
そういう生活をするにはお金もかかるのだと思いますが、それすらも「やってやろう」というモチベーションになる気がしています。
なので、ときどき東京に行って受ける刺激というのが、今の生活のエネルギー源になっているような気がします。

誰だって我が子が一番かわいいんですよね。

子どもの頑張りを一番知っているのは親、どんなに他の子が光を受けていても、私には我が子が一番光っています。
でも、それで子どもが納得するはずはないんですよね。やっぱりチームのみんなや監督コーチに認められて試合に出て、勝ちたいというのがずっと練習してきたこどもの本心、それを、意図も簡単に踏みにじるのが、思っても見なかった自分の心を許していたママ友だったりするわけですよ。
レギュラーになりたい、スタメンになりたい、だからって、監督コーチにすり寄ったり、姑息な手段にでていいわけありません。
そして、監督コーチがそれに乗っかると言うのはほんとうにどうしたことなんでしょうか。
こんなチームだとは思ってもいませんでした。何年も在籍していて、今年はじめてこんな、ゲスなことを知りました。
結果傷つくのは子どもです。
青春をこんな形で踏みにじられて、当然ですがもうママ友だなんて悠長な関係には戻れません。
子どもを守るために鬼になります!ミュゼ 15円

ランニングをするとどんなメリットがあるのか

ランニングとは誰にでもそれなりにメリットがあります。身体を引き締める、健康維持、促進が期待できるからです。しかし、いきなりやれるわけではなく、ストレッチもしっかりとやる必要性がありますし、そもそも道具も必要になります。ランニングに必要なものといいますとまずは、靴です。基本的には動きやすい格好であればよいのですが、靴だけはそれなりにしっかりしたものにしましょう。キチンとしたランニングシューズを買うようにしたほうが自分のためになります。なぜかといいますとそのほうが安心できるからです。初心者なのにそんなご大層な買うべきなのか、と思うでしょうが、膝のためでもあります。膝が意外と痛めやすいことになりますから、これは注意しておきましょう。ランニングをするときには、しっかりとした対策をすことです。ストレッチというのもそうしたことの一つであるといえるでしょう。そうすることによって、安心して走ることができます。

家の中で花を飾る習慣がなかったので、はじめる踏ん切りがなかなかつかない

おうちに毎日花を飾る習慣、あるお宅とないお宅がありますよね。
我が家はない家です。
もともとは汚い家だったし、子どもが小さいときはなにされるかわかったもんじゃなく、とても花なんて飾れなかったんです。
しかし最近は家もだいぶ片付いてきたし、グリーンインテリアをボチボチ飾りはじめてもいます。
なので、切花も飾ろうと思えば飾れる環境にあるのです。
そんな折り、近所に大手フラワーチェーン店が出店してきました。
そこで、デイリーなプチブーケが500円前後で売られているんです。
2週間に1回ぐらいのペースで買えばそんなにお金もかからないし、こういう季節の花束をさりげなく食卓などに飾ればステキだろうなあと夢見るものの・・・。
いまだに買えずじまい。
ただ買ってきて家に飾るだけでいいのに、はじめる踏ん切りがなかなかつかないものなんですよね。
我が家は来客もほとんどないし、家族も花なんて全然関心がありません。
だからまさに自己満足で買うようなもの。
自分の心を満たすためだけに買っても別にいいんでしょうけど・・・やっぱりなかなか買えない小心者です(汗)

社会人にとってはお財布よりも大切な名刺入れ

長く使っていた名刺入れが古くなってきたので新しい名刺入れを新調しました。名刺入れって名刺を入れるだけの物かもしれませんが、社会人にとって名刺入れって重要アイテムなんですよね。お財布選びより重要だったりします。
社会人になったばかりの頃は安い物を使っていらましたが、だんだん名刺入れと手帳だけは上質の物を持ちたいと思うようになり、名刺入れはブランド物を買うようになりました。
お値段はちょっと高くなりますが、丈夫ですし長く使えるので良い買い物だと思います。ブランドロゴが主張されたデザインの物よりさりげなくロゴがついてるくらいのデザインがビジネスシーンではいいですよね。
名刺交換する時に、結構人から見られている名刺入れなので堂々と出せるようにお手入れもしっかりしています。
せっかくブランド物でも革が汚れていたら台無しですもんね。社会人のたしなみとして名刺入れは良質な物を大切に使うというのが私の社会人としてのこだわりです。ミュゼ ひざ下 回数

イントロから買わなくちゃという気持ちになります

心理を狙って、突然、よく知りぬいた曲が出てくると、その曲聞きたさに、気持ちも紅葉して、いらないものまで買ってしまいそうな気持になるし、もっと、ここにいたたいという感覚にもなるので、自分のなあkで、盛り上がる局に街中で出くわすと危険です。お金を大きな気持になって使ってしまいそうです。
ジンジンジンギスカンも、乗りますが、やはりこのダンシングクイーンにはやられますね。イントロから、買わなくちゃという気持ちになります。背枷れます。きっと、未来の夢に向かっていた時代の記憶が残っているのですね。しかも、突然、自分が目ざまめるという感覚なのです。はっとするということです。レインの曲は、世代が違うので、雨が降ってきたのだということしか思わないのです。名曲なだけです。ただし、ダンシングクイーンには、ワクワク感が半端ないです。突然、昔に戻ってしまうというくらいの気持ちになりましたね。周り見ると、ほかの方は落ち着いていました。ミュゼ 100円 料金

失敗した。狙っていた株が上がってきてしまった。

北朝鮮のミサイル問題で下がっていた株が、また上がってきた。

失敗した。
狙っていた株がもう少し下がったら購入しようと思っていたのに、もう買うのがもったいない位上がってしまった。
さっさと購入してしまえば良かった。

タイミングが難しいですよね。
私は基本的にローリスク、ローリターンで購入しているのですが、やっている内についつい欲が出てきてしまいますよね。

一昨年から始めたNISAですが、去年は10万の儲けが出て、今年は3月の時点で10万越えの儲けが出ています。
去年購入した株が大変な有望株で、一気に3.5万円上がったんです。200株購入していたので、そこで7万の儲けが出て。
正直言うともう少し粘っていれば、その後もさらに上がっていたので、10万円位の儲けになっていたんですけどね。
ちょっとびびって早めに売ってしまったんです。
株はギャンブルな面がありますよね。

でも、儲けの頂点は人に譲れって言いますし、基本スタンスはローリスク、ローリターンなので、良い事にしましょう!!

すでにNISA枠が無くなってしまったので、これからは特定枠で頑張るぞ!!

鼻水トラブルに悩まされる方々にぜひ!救世主現る!

一家が鼻の不調で全滅…。
大人達は花粉症と鼻炎、子どもたちは鼻風邪。
自力で鼻をかみ続けていると、耳が詰まった感覚に襲われ頭痛がし始める。
そしてティッシュペーパーの減りが尋常ではない!
あっという間に1箱空になってしまう…。
子どもたちは自力でうまく鼻をかめないので垂れてきた鼻水をこまめにティッシュでふきとるも…中耳炎を引き起こしてしまうことも。
そんな状況に嫌気がさし、ついに電動鼻水吸引器を購入!
赤ちゃん用品コーナーで据え置き型のものをゲット。
吸引力のレベルは3段階のうち優しい1段階目に設定し、早速サラサラ&ネバネバ混合鼻水の子どもたちで試してみると…嫌がって暴れはするものの取れる取れる!
ズビズビ言っていた鼻息がスースーと爽やかな音に変わった。
夜も鼻づまりで目覚めることもなくなり、スヤスヤ眠るようになった。
私は調子に乗っていきなり3段階目の強さでトライ。
はじめはむせたものの、気持ちいいー!と叫びたくなるほど爽快に鼻水が吸い取られていった。
それから癖になり、ティッシュで済むレベルでも吸引器のお世話になる日々。
お手入れもノズル、チューブ、鼻水が溜まるポットを洗うだけでとても楽…まさに救世主現る!といった感じ。
健康のため、ストレス軽減のためにも買って正解だった1品である。

「船橋市赤十字奉仕団」を知っていますか?

千葉県で人口数第2位を誇り、中核都市では全国最大の都市となっている船橋市。この船橋市で身近なボランティア団体として活躍を続けている団体があります。それが船橋市赤十字奉仕団です。このボランティア団体は250人の女性ボランティア会員で構成されており、赤十字の理念に基づいた女性視点でのボランティアを行っています。全ての会員が女性で構成されるボランティア団体は全国的に極めて珍しいと言えます。もちろん、奉仕団の活動は男女を問わず、市民の参加を歓迎しています。女性がボランティア活動の全てを担っているのが船橋市赤十字奉仕団の特徴であり、決して市民や男性を排除しているわけではないのです。最近の活動では、災害時を想定した炊き出し訓練や人命救助訓練を目的とした研修会を開催していました。他にも献血活動での奉仕活動などを展開しており、地域の福祉を担うボランティア団体として期待されています。これからも末永く活動していってほしいですね。アイフル キャッシング