いつでも富士山を眺められる環境が羨ましい。

日本の象徴とも言えるのが富士山。よくテレビでお正月シーズンになると、富士山を見ているような気がします。テレビに映っている富士山を見ながら、拝んでしまいたい気持ちになります。私は地方に住んでいるので、いつでも富士山を眺めることができません。そのせいか、いつも富士山を眺めることのできる環境に住んでいる方が羨ましいなぁと感じます。旅行で江の島に行くことになりました。江ノ電に乗って、江の島へ向かっている途中に、何気なく外を眺めると富士山がありました。思わずハット息をのみました。こんなところから富士山が見えるなんて、驚きでした。また山梨県に行った時にも、普通に富士山を見ることができて、びっくりしました。見えて当たり前の距離にあるのに、なぜか驚きを隠せませんでした。私が日本人だからなのか、よく分かりませんが、富士山を見ると有難い気持ちになります。そう思うのは、最近なので、少し年を重ねたせいだからなのかもしれません。