陣痛時の移動手段 陣痛タクシーに登録しました

正産期が近づいてきたので、陣痛タクシーに登録しました。
里帰り中、実家で運転できるのは父と弟だけ。

日中に陣痛が来た場合は、私も子供の頃からお世話になっている両親の会社の従業員さんに病院送ってもらうことも可能な状況。

しかし夜に陣痛が来た場合、何があっても毎日の晩酌を欠かさない父、自由奔放で実家の車を独占する大学生の弟では当てになりません…

普通、娘や姉が出産間近となればお酒を控え家にいてくれるものだと思うのですが、その気は全くない様子。

お世話になる立場で当たり前だと思うのはダメかもしれませんが、我が家の男性陣は本当に頼りにならない!!
当てにしていて裏切られると腹が立つので、昔からこの2人には期待はしないようにしています(笑)

陣痛タクシーには、数日前にも何度も電話をしていたのですが全く電話が繋がらず、今日改めて電話をしました。

今日はすぐに電話が繋がり、登録することが出来ました。
電話対応も良い感じで、質問に対してもしっかり答えて下さったので疑問は解消。

数日前になかなか電話が繋がらなかったのは、雨の影響で配車依頼の電話が込み合っていた時間だったとの事でした。

陣痛に雨だった場合、電話がつながらない可能性があるのかとの不安には
「今回番号を登録したので優先的に電話が繋がるようになっている」という説明でした。
優先的に繋がるのであれば、とりあえず一安心。

破水時にも乗車可能とのことで断られることは無いですが、時間や天候によっては配車に迎車に時間がかかることもあるようです。

念のために、他のタクシー会社についても電話番号等を調べ、陣痛時でも来てもらえるか電話で聞いてみようと思います。

アニソンの聴きすぎで通知スペシャルがかかってしまった。

以前、はからずも見たマンガの主題歌が大好きな作曲マンションの力作だったので著しく耳に残ってしまい何となくお出かけしている時にユーチューブをリピートしすぎたら、先月の後半最後3お日様くらいで通報制約がかかってしまった。内部にWi-Fiが飛ん出るのでマンションにいるときはよっぽど問題ないんだけど、外側にでると大いに不都合。仲間にフォトを送ったり体型でスタンプしようとするととっても鈍い。ひとまず仲のいい友達には体型にスタンプ送らないでと説明したけど、インターネットで審査ものができなかったりと結構不都合だった。
基本は携帯に楽曲を入れて聞いていたんだけど、前回ケータイを変えてから入れるのが億劫でユーチューブで聞いてしまったのが不手際だった。
けど、携帯に加える楽曲って30曲以上は入れたいという謎のターゲットがあって多少聞いても飽きないような自分の好きな楽曲をいれようと思うとものすごく不便に感じてまたユーチューブで聞いてしまいそうです。
だめな病み付きの輪を抜け出せるお日様はいつくるんだろうかな。